聖☆おにいさん SAINT YOUNG MEN

聖☆おにいさん SAINT YOUNG MEN

【聖☆おにいさん SAINT YOUNG MEN】について

目覚めた人・ブッダ、神の子・イエス。世紀末を無事に越えた二人は、東京・立川でアパートをシェアし、下界でバカンスを過ごしていた。近所のおばちゃんのように細かいお金を気にするブッダ。衝動買いが多いイエス。そんな“最聖”コンビの立川デイズ。“笑い”でも世界を救う!聖人in立川。ブッダとイエスのぬくぬくコメディ。

著者

中村光

出版社

講談社

【聖☆おにいさん SAINT YOUNG MEN】のコメント

まだコメントはありません

コメント

【聖☆おにいさん SAINT YOUNG MEN】のレビュー(9)※ネタバレ注意

  • もしブッダとイエスキリストが人間界でバカンスを過ごすというありえない設定ですが、宗教ネタに絡めたシュールなギャグが満載です。読んでいるうちに仏教やキリスト教の教えについて詳しくなってしまいます。
  • とにかくゆるいです。疲れたときやイライラしている時に読むととても癒されています。キリストとブッダが立川のアパートで同居している話なのですが、日常生活の中でのささいな奇跡が見ていて楽しいです。宗教ネタが多いので勉強にもなります。
  • 宗教というと堅苦しく、敷居が高く感じますが、ブッダとイエスをすごく身近に感じさせてくれる漫画です。本当に二人がこんな風ならいいなぁと思ってしまいます。巻数を重ねるごとに、何気に聖書やブッダの生涯に関する知識が増えているのに気づいて、ちょっと可笑しくなりました
  • イエスとブッダが下界でバカンスという奇想天外な設定なのに、普通の若者のように過ごす姿に和みます。
    性格の違う2人が生活のなかで起こす小さな諍いが面白すぎです。
    ひんぱんに出る宗教ネタのギャグがシュールすぎて、ここまで描いても大丈夫?と心配になりつつ大笑いできる漫画です。
  • ブッダとイエスという代表的な方をキャラクターにしていて斬新でした。ところどころ宗教のことを楽しく盛り込まれていて固いイメージがなくなります。面白くてずっと読んでしまいます。こうした漫画は初めてで友達にも勧めましたが楽しく読んでました。
  • ブッダとイエスがアパートで同居して普通に生活する。おそらくこんな発想の漫画が書けるのは日本人くらいだと思う。日本には八百万の神様がいる。無機物にすら神様がいる。そして日本の神様は働いている。そんな考えを持った日本人だからこそ作れた漫画だと思う。おそらく日本人だけがこの内容の漫画を描いても許されるのだと思う。世界中の人も、ああ日本人ならやりかねないな、と呆れて笑っている。
  • 異様に面白いです。ブッダとイエスが立川のアパートで同居してるんですけど、もうそこからなんかカオスです。宗教ネタもゲイがこまかくて聖書とか読んだときにはピンとこなかったエピソードもこの漫画だとすごく面白くて、それぞれの弟子たちもすごいキャラがたってて読みだしたらとまらないです。いっきに最新刊まで読んじゃいました。
  • なんなんだこの表紙。なんなんだこのあらすじは。と手に取りページをめくったが最後。世界にとりこまれて、ブッタもキリストもなんだか大好きになって、きっと神様ってこんな感じだよね、いや、こんな感じであってほしいと思える作品。お寺、教会などを目にするとこれを総括しているのが、あの人たちかと思うとなんだかほっこりできます。これが世界中で流行れば戦争なんてなくなると思います。(願い)
  • 宗教をネタにした日常系ほのぼのストーリーで、安定した面白さがあります。宗教ネタがあまりわからない人も気軽に面白く読めますし、この漫画で仏教やキリスト教に興味を持つようになりました。登場人物がみんな魅力的なのも良いです。
レビュー